錦織圭 準決勝でワウリンカに敗れる! やはり体力が課題か? ABNアムロ世界テニス・トーナメント

 錦織は、準決勝でケガから復帰したスタン・ワウリンカ(33歳 スイス)にフルセットの末敗れた。

 準々決勝で、マートン フチョビッチ(27歳 ハンガリー)に危なげなくストレートで勝ったが、次の日が準決勝であった。

 休む日が無かった。

 大会によっては、準々決勝から準決勝まで休息日を設ける場合もあるが、今回は無かった。

 錦織は体力を回復できないままに決勝戦を迎えたように思う。

 

 技術的にはワウリンカ以上のものを持っている。

 体力は、ワウリンカの方が勝っていた。

 

 試合を見ていてもそれが分かった。

 エースが一本もない。

 得意とするストローク戦でも相手に押されている。

 ミスも多い。

 

 日本人としては、並外れた体力の持ち主だとは思うが、世界の一流選手と比べるとどうしても体力の差を感じる。

 年齢からしてもこれ以上の体力向上は難しいだろう。

 

 となると技術力、精神力、戦術で上まわらなければならない。

 かつて鋼のメンタルを持つと言われた「マイケル・チャン コーチ」と一緒ならきっとできる。

 がんばれ、錦織!!

大坂なおみは、バイン氏とのコンビを解消した理由は? ステップアップや人間関係? 国籍選択問題も考えられる?

 全豪オープン終了後に発表されたコーチ、バイン氏とのコンビ解消。

 残念の一言である。

 日本では、バイン氏の評価も高い。

 4大大会を連覇したコンビが解消されることについては、日本のみならず海外からも驚きの声が多数あがっている。

 

 テニスのコーチは、選手の成長とともに頻繁に代わるといわれるが、今回のケーズはどう見ても唐突に感じる。

理由がはっきりとしていないからだ。

 

 選手とコーチの関係を熟知している一流選手からも驚きの声がある。

 米国女子テニスの伝説的選手だったリンゼイ・ダベンポート氏は、「ショッキングだった。彼女は、ちょうど2つグランドスラムを勝ったところだった。2017年12月から一緒に仕事を始め、大坂にとって進歩がもたらされていた。特に大坂の戦績に寄与してきただけにとても驚きだ」と、バイン氏との別離に衝撃を受けたことを明らかにしている。

 また英国のテニス評論家でポッドキャストプレゼンターのデビッド・ロー氏は、ツイッターで「彼らは1年間をともにし、彼女はグランドスラムを2連勝し、インディアンウェルズに勝ち世界1位にもなった。テニスだけによる決断ということは意味していない」と発言し、コンビ解消の裏に何か特別な理由があることを匂わせている。

 

 表向きには、大坂、バイン両人ともきれいに「ありがとう。」を言い合っている。

多くの人は、それなら、もっと理由をはっきり出してほしいと思っているだろう。

 

 何かトラブルがあったとしか思えない。

 大坂なおみは、22歳になる9月に、「日本か米国か」の国籍選択が迫っている。

 大坂自身は、「「誰もが日本で開催される五輪を本当に楽しみにしている」「日本人選手全員が大会で活躍することを望んでいて、私も同じ気持ち」と報道陣にコメントしている。

 このコメントから考えると「日本国籍」を望んでいるようだ。

 

 米国は、大坂なおみが米国国籍になることを希望し、多くの援助を申し出ているようである。

 そこで、米国側がサーシャ・バイン氏に接触し、大坂なおみが米国国籍になるよう依頼した可能性はないだろうか?

 バイン氏は、フロリダに居住している。

 当然、日本より米国とのつながりの方が強いはずだ。

 米国の有力なテニス関係者とも親しいだろう。

 もし、大坂なおみにそのような働きかけをしたのであれば、周囲は放って置かないだろう。

 その場合は、周囲の日本人がコンビ解消を働きかけたのだろう。

 

 吉川慎司氏がコーチ臨時コーチになっているのもその憶測をもたらすものとなっている。

 ひょっとすると9月までそのまま吉川氏がコーチかもしれない?

 

 今後の成り行きを見守りたいが、いずれにせよ、大坂なおみの精神状態が悪くならないようことが運んでほしい。

 

 グランドスラム達成、東京オリンピックで日本人選手として金メダル獲得をめざして、がんばれ「大坂なおみ」!

 応援しています!

ローソン GODIVAショコラカフェ 飲みました!

GODIVA厳選のクーベルチュールチョコレートに、マチカフェ自慢のホットミルクとエスプレッソコーヒーを注いだドリンクです。

 

f:id:coffeetaste:20190213210147j:plain

カフェショコラ

価格   380円(税込)  カロリー 236kcal

 

美味しいです。

昨年11月から限定発売したホットチョコレートと味は似ています。

ホットチョコレートには、エスプレッソコーヒーは入っていなかったようです。

確かにチョコレートの味は、ホットチョコレートの方が濃かったです。

同時に飲み比べてみないと味の違いははっきりとは分かりません。

私はサイクリングの途中に飲んだので、温かく、カロリーも補給できて最高の一杯でした。

コンビニカフェ 美味しいのはどれか? 6種類を飲み比べてみると・・・

ファミリーマートセブンイレブンが新マシンを導入するなどコンビニ各社がコーヒー販売に力を入れています。

さて、どこのコーヒーが美味しいのか、飲み比べてみました。

飲んだのは6種類

f:id:coffeetaste:20190211122010j:plain

写真右から 日々カフェ(デイリーヤマザキ)、マチカフェ(ローソン)、セブンカフェ(セブンイレブン)、ファミマカフェ(旧マシン)、ファミマカフェスタンダード(新マシン)、ファミマカフェスペシャルティ(新マシン)

 

淹れ方の違い ペーパードリップ方式とエスプレッソ方式

ペーパードリップ方式】

ペーパーフィルターは、豆の微粉がコーヒーに入り難く、油分をペーパーが吸収するため透き通ってスッキリした味のコーヒーを淹れることができます。

 

ペーパードリップ方式を採用しているのが

セブンカフェ、日々カフェ、ファミマカフェ(新マシン スタンダード スペシャルティ)

 

エスプレッソ方式】

エスプレッソは、高圧のお湯をドリップコーヒーよりも細かく粉砕したコーヒー粉に透過することで抽出を行います。

 

エスプレッソ方式を採用しているのが

マチカフェ、ファミマカフェ(旧マシン)

 

私が美味しいと思ったのは・・・

第1位 ファミマカフェ スペシャルティ

価格がチョット高い180円です。

他のカフェに比べると頭ひとつぬけだしているかな。

コクがあり程よい酸味が味わえます。

ファミマカフェは、旧マシンではエスプレッソ方式でしたが、新マシンのペーパードリップ方式に変わってから味がよくなりました。

人によって好みが違うと思いますが、日本人にはペーパードリップ方式のスッキリした味が合っているように思います。

 

第2位 日々カフェ

コロンビア産有機豆を使っています。

豆の産地を表示しているのは日々カフェだけです。

スッキリとした酸味のある後味のよい味です。

ドリップの様子が見られるスケルトンマシンが好印象です。

 

第3位 ファミマカ フェスタンダード(新マシン) セブンカフェ(新マシン)?

ファミマカフェスタンダードは、「濃い」を選択することができます。価格は、100円で同じです。セブンカフェに近い味ですが、セブンカフェのようにやたら濃いということがなくスッキリした味です。

  • セブンカフェの新マシン(タッチパネル方式)のコーヒーも飲みましたが、旧マシンと味が違うのか?ファミマカフェスタンダードの味と似てスッキリとしていました。

新マシンで味が変わったのかどうかは分かりませんが・・・

この新マシン、紙コップを置くと自動的に淹れるコーヒーの種類を選択してくれます。

 

第4位 セブンカフェ(旧マシン)

相変わらず、濃くてコクのある味です。酸味はあまり感じられない。

コンビニカフェが登場した頃は、最も美味しかったですが、他のコンビニも力を入れてきています。

 

第5位 マチカフェ ファミマカフェ(旧マシン)

両方ともエスプレッソ方式です。

少し泡だっていて、これが美味しいという方もおられるでしょうが、私は、ペーパードリップ方式のほうが美味しいです。

 

エスプレッソなら豆をもっと多く使った濃いコーヒーがよいでしょう。

 

新鮮な豆であるかどうかも問題

味について順番をつけてみましたが、コーヒー豆が新鮮であるかどうかも問題です。

美味しいコーヒーでも豆が古くなっていれば味が落ちます。

コンビニでコーヒーメーカーマシンが2つ以上並んでいる場合、頻繁に淹れられているマシンとそうでないマシンがあれば味に差が出ます。

ファミマカフェスペシャルティおいしいです。よく売れ、いつも新鮮な豆が提供されればいいですね。

サッカー日本代表 FIFAランキング27位! 前回50位からジャンプアップ!

サッカー日本代表が、2013年以来の30位以内にランキングしました。

よかったですね~。

アジアカップ決勝でカタールに完敗し、悔しい思いをしましたが

嬉しいニュースが入ってきました。

アジアでは、イランの22位の次で2位です。

 

アジアカップ準決勝で、イランに勝ったのが大きかったようです。

FIFAランキングのポイントは、出場する大会の規模、地域(南米や欧州は得点率が高い)、どれだけ勝ち進んだか、対戦相手の強さなどによってポイントが加算されるそうです。

 

韓国は38位で豪州は42位。アジアカップで優勝したカタールは93位から55位になりました。

 

アジア勢も力をつけてきているようです。

次のワールドカップに向けて、世代交代した若い選手を中心にがんばってほしいです。

サッカー アジアカップ これまでの勝利が招いた敗戦!

サッカー日本代表は、森保一監督になってから11戦無敗で、アジアカップ決勝を迎えました。

相手は、世界ランキングでは格下のカタール

日本は、最大の強敵としていたイランを準決勝で、3-0で快勝しました。

無失点で勝ち上がってきたカタールでしたが、日本は勝てると踏んでいたのでしょう。

でも相手は予想以上に強かったです。前線の選手は、日本の選手よりスピードがありました。

フォワード2人アクラム・アフィーフとアルモエズ・アリのスピードが日本のディフェンス陣を完全に振り切っていました。

 

アンラッキーな点もあったと思います。

カタールの先制点、アルモエズ・アリのオーバーヘッドシュートは、ここしかないようなたまたまよいコースに飛びました。決して狙ったところではないでしょう。

 

2点目のアブドゥラジズ・ハーティムのミドルシュートは、すごかったです。

この1点は、カタールに軍配があがります。と同時に日本の守備陣のふがいなさです。

 

吉田選手のハンドと判定された3点目のペナルティーキックはアンラッキーです。

故意に行ったハンドではないでしょうが、仕方ないですね。

 

日本のボール支配率が、62%であるにもかかわらず、得点は南野の1点だけです。

実力は日本が上でしょう。

しかし、得点が奪えませんでした。

 

前半は、点を取られても、日本はいつか点が取れると思っていたのでしょう。

それがなかなかできないまま、時間だけが経過していきました。

 

これまで勝ち続けたこと、そして、強敵イランに快勝した慢心が招いた敗戦です。

でも、準優勝!あっぱれです!

これからは、大一番に臨む精神面の成長が必要でしょう。

サッカー日本代表 世代交代が順調に進む! アジアカップで優勝しランキング上昇をめざせ!

アジアカップ準決勝で、日本よりランキング上位のイランを3-0で撃破しました。

準々決勝まで無失点だったイランから3点を奪い取ったのです。

しかも、イランを完封しました。

強いですね。

2月1日は、いよいよ決勝戦です。UAE対カタールの勝者と戦います。

 

その日本代表のメンバーを見ると

ワールドカップまでのメンバーと大きく変わっています。

森保監督の意向が強いのだと思いますが

現時点でのメンバーは

○GK
東口順昭(G大阪) 権田修一(鳥栖) シュミット・ダニエル(仙台)

○DF
長友佑都(ガラタサライ) 槙野智章(浦和) 吉田麻也(サウサンプトン)
佐々木翔(広島) 酒井宏樹(マルセイユ) 室屋成(FC東京)
三浦弦太(G大阪) 富安健洋(シントトロイデン)

○MF
青山敏弘(広島) 原口元気(ハノーファー) 柴崎岳(ヘタフェ)
遠藤航(シントトロイデン) 伊東純也(柏) 中島翔哉(ポルティモネンセ)
南野拓実(ザルツブルク) 守田英正(川崎F) 堂安律(フローニンゲン)

○FW
大迫勇也(ブレーメン) 浅野拓磨(ハノーファー) 北川航也(清水)

 

そこには、かつて常連だった 本田圭佑香川真司長谷部誠岡崎慎司などの名前はありません。

残っているのは、吉田麻也長友佑都酒井宏樹槙野智章ぐらいでしょうか

ワールドカップ終了後自ら身を引いた者もいれば、代表に選ばれなかった者もいるでしょう。

世代交代は、上手くいっているようです。

時期は、もっと早くてもよかったのかもしれません。

 

それにしても、メンバーの約半数が海外のチームでプレーしています。

昨年のワールドカップに出場したメンバー以外にもこんなに多くの若い日本人サッカー選手が海外で活躍しているとは驚きですね。

このまま上手くチームがまとまれば、気がつけばいつの間にか50位に落ちてしまった世界ランキングも上昇することでしょう。

森保ジャパンがんばれ!!